HAPPY W

「1万時間練習すれば達人になれる」は正しくない

[ Work ]2015/07/06 00:00

254217happy

「10,000時間の練習によって誰でも天才になれる」と聞いたことはありませんか?

これは、「1万時間の集中的な訓練を行えば誰でも天才になれる」という、マルコム・グラッドウェルが著書で説いた説が一般に広まったものです。しかし、ミシガン州立大学の研究によれば、そもそも元になった論文には不備があり、練習量が少なくても一流になれる人はなれてしまう、とされています。

さらに、2014年7月にプリンストン大学から新たな研究結果(1)が出て、「1万時間の法則」に不利な結論が出てしまいました。

過去に行われた音楽、ゲーム、勉強、スポーツの研究を対象に解析した結果、これまで考えられていたものより練習の影響は小さいということが分かりました。研究者の計算によると、その分野をマスターするために必要な要素のうち、練習の重要さは平均で12%ぐらい。意外と少ないですね。

なお、練習の重要さはジャンルによって大きく異なっていて、具体的には、

・ゲーム 26%
・音楽 21%
・スポーツ 18%
・勉強 4%
・専門職 1%

といった結果でした。勉強がたった1%というのは驚きですね。もちろん、これは「練習が大事じゃない」という意味ではなくて、あくまで個人のスキルの差は練習では説明できないという話なので誤解されないようお願いします。

ちなみに研究者いわく、

統計的にも理論的にも、集中的な練習は間違いなく重要だ。しかし、(1万時間の法則の)支持者が主張するほどではない。いま科学者にとって重要なのは、本当にスキルの差をもたらす要素を特定することだ。


とのこと。つまり、まだ天才が生まれる原因ははっきりとはわからないようです。いまのところ、そのスキルを学び始める年齢と、ワーキングメモリの発達度の方が重要であるという説が有力です。

まとめ1万時間練習すればスペシャリストになれると考えていた方にとってはなんとも夢の無いお話にも取れますが、別の研究をご紹介します。ハーバード大学のショーン・エイカーは「幸福感が成功に影響する」ことを伝えています。

近年のポジティブ心理学や脳科学の発展により、「自分が成長している感覚と主観的な幸福感には関連がある」ことや、「自分の強みを活かしている実感があると幸福感が高まる」ことが、科学的な実験や分析で分かっています。練習によってあなたはスペシャリストになれないかもしれませんが、自己成長している感覚や、強みが活かせる分野で練習することはあなたの幸福感を高め、あなたの何らかの成功につながっていくと言えるのではないでしょうか。

なお、ワーキングメモリを鍛えるのにHappyWとしてオススメしたい方法のひとつは「メディテーション(瞑想)」です。1日にたった5分間、じっと目をつぶって呼吸に集中するだけでも効果のあるメディテーションになります。是非今すぐお試しください。

pic from Sean Molin

Licensed material used with permission by PaleolithicMan

心のスイッチ、見つけよう -HAPPYW(ハッピーウー)-

Happyw編集部