HAPPY W

ブレインストーミングの4倍の早さでアイディアを生み出す方法

[ Work ]2015/01/22 07:00

19098happy

仕事もプライベートも忙しい!そんな時間に追われている方には今回紹介する「ブレインスウォーミング」という新しい手法がおすすめ。課題解決にかける時間を大幅に短縮して、もっと大事なことに時間を使いましょう。

ブレストの根幹は10年以上前に否定されていた!

何か新しいアイディアを生み出すときに決まって使われる「ブレインストーミング(ブレスト)」という手法。そのベースにあるのは「論理的に考えすぎてアイディアが出ないときに、感性を刺激しよう。そうすれば新しい発想を生み出せる」という考え方です。これは分析的・論理的に考えるときは脳の左側(左脳)を使い、直感や感性で考えるときは脳の右側(右脳)を使っているという、”脳二面性説”が元になっています。

しかしこの”脳二面性説”、脳科学の世界では10年以上前に既に否定されているのです。それどころか、マサチューセッツ工科大のトニー・マクカフレー博士は「1953年からアイディア生産方法の定番となっているにも関わらず、ブレインストーミングが効果的と証明した調査はない」という衝撃の主張をしているのです。

”脳二面性説”が否定されてから様々なアイディア発想手法が生まれていますが、今回は、前述のマクカフレー氏が提唱する”ブレインスウォーミング”という新しいアイディア創出法をご紹介します。

ブレストに代わるか!?
4倍のスピードでアイディア創出するブレインスウォーミング

マクカフレー氏によると、伝統的なブレストが1時間で100個のアイディアを生み出したのに対して、ブレインスウォーミングでは15分で115個のアイディアを産んだそうです。実に4倍の効率です。

では、ブレインスウォーミングのやり方をご紹介しましょう。ブレインスウォーミングでは話し合いをせず、このように構造化された図が出来上がるのを目指します。

BrainSwarming2

[手順]
1.最初に最終的なゴールを最上段に置きます。次に手持ちの既知の”資源・リソース”(具体的にはゴール達成への手段や方法など)を最下段に書きます。

2.その後は、最終的なゴールが起きるのに関係しそうな”サブゴール”(相互作用)をゴールの下に枝分かれで描きます。出てきたサブゴールを見たりしながら、図に描かれていない他の”リソース”を思いついた場合は、資源のエリアに書き足していきます。(この間は会話を必要としません。)

3.こうしてゴールとリソースの枝が交わる所まで成長したら、その交わるポイントを見れば、ソリューション(解決の方法)が生まれている、といった流れです。

電力会社で実際に行われたブレインスウォーミング事例

つづいて、マクカフレー氏が挙げた、電力会社で実際に起きた事例をご紹介します。

■状況を整理する
この電力会社での課題は電線が凍結し、氷の重さに耐えかねて電線が切れてしまうことです。(朝になると電話が鳴り止まなそうですね。。)

この課題に対してのゴールは「凍結した電線から氷を取り除くこと」。持っている既知のリソースは「ハシゴ」、「労働者」、「柱(はしら)」です。

■図を描く
最初に会議の参加メンバーをゴール担当とリソース担当に分類します。

リソースを担当する者にはこれらのリソースの利用方法や、その他に利用できる資源があるかを考えてもらいます。ゴール担当者には最終ゴールをクリアにした上で、それを達成するためのサブゴールを考えるよう指示します。ここからは会話を必要としません。

・まず、ゴール担当からはサブゴールとして「電線を揺する」「凍結再発防止」「電線を暖める」などのアイディアが描かれ・・(画像は拡大できます)

BrainSwarming3

・サブゴールの下にサブ・サブゴールが描かれました。電線を揺するサブゴールに対しては「物理的接触」「大きな音」「強い風」です。
BrainSwarming4
・そしてリソース担当からは、その他に利用できるリソース「ヘリコプター」「火」「氷を溶かす装置」などが描かれます。
BrainSwarming5

・さらにサブ・サブ・サブゴールが描かれました。「強い風」の下に「自然の風を操作」「強い風を作る」
BrainSwarming6

このようにして、ゴールを下に向かって分割し、リソースを上に向かって構築していくと自然と答えが見えてきます。

■ソリューション(課題解決の手法)を決める
氷を取り除くために、その電力会社で実際に行ったソリューション(問題解決)は、”ヘリコプターを使って強い風を作り、電線を揺する”でした。その他にもゴールとリソースが交わるポイントで、沢山のソリューションが存在することが分かりますね。
(下の画像の中の、リソース側から伸ばした白い枝の部分が実際に使われたソリューションのポイントです)
BrainSwarming7

彼は話し合いをするよりも考えを図に描き出す方が効果的だとまとめています。ブレインストーミングだと”声が大きい人(発言力がある人)”が会議を支配してしまうこともありますね。アイディアに煮詰まったら、ぜひブレインスウォーミングをお試しください。
BrainSwarming9

 

 

credit: Crispin Blackall via FindCC
Reference:Why You Should Stop Brainstorming

心のスイッチ、見つけよう -HAPPYW(ハッピーウー)-

 

テツ竹下