HAPPY W

メールやSNSチェックを決まった時間にまとめるだけで生産性アップに

[ Work ]2015/10/02 12:02

97316happy

一日の中で、メールやSNSのチェックをどのくらいの時間していますか?

ニューヨーク・タイムズの「脳のリセットボタンを押せ!」(1)という記事に興味深い内容が記載されていました。(これまでにご案内した内容も一部含まれてますが是非)

本記事は、脳科学に基づく創造性アップの方法について書かれたコラム。記事では「SNSもメールも、あらかじめチェックする時間をスケジュールに組み込んでおく」ことを推奨しています。

もっと生産性や創造性をあげて、イキイキとした1日を送りたいなら、作業ごとにスケジュールを細かく分けるのが科学的に正しい方法。ツイッターやフェイスブックは、あらかじめキッチリと割り当てた時間にだけチェックすべきだ。

同じく、メールのチェック時間もスケジュール帳に組み込んでおこう。未読メールがあると思うだけで、あなたの脳はメールについて考え始め、集中力はどんどん削られていく。その結果、目の前の作業には手が付けられなくなってしまう。


と、SNSやメールの悪影響について、かなり厳しく主張しています。ちなみに、SNSとメールが生産性を下げる理由は、脳の島皮質という部分が原因だそうです。この部分は脳の集中とリラックスを切り替える作業を行っていて、島皮質のバランスが取れたときに、人間は最高のパフォーマンスを発揮できるようになっているのです。

しかし、頻繁にツイッター、フェイスブック、インスタグラム、メールなどをチェックしていると、このバランスが簡単に崩れてしまいます。

さらに同記事によると、

マルチタスクを止めて、1つの作業に30〜50分ほど集中し続ければ、わたしたちの創造性は自然に上がっていく。いくつかの研究によれば、自然の中を歩いたり、音楽を聞くことで、人間の脳はリラックスモードに入っていくことがわかっている。こういった活動で神経のリセットボタンが押され、目の前の作業に対する必要な視点を得られるのだ。


とのこと。常にメールの返信に追われている感覚がある人は、あらかじめメールチェックの時間を決めておくことをおすすめします。

pic from bengrey

Licensed material used with permission by PaleolithicMan

心のスイッチ、見つけよう -HAPPYW(ハッピーウー)-

Happyw編集部