HAPPY W

本当は神を信じていなかったーマザーテレサ|隠された苦悩と名言

[ Column ]2015/02/11 20:38

12013happy

「20世紀最大の聖女」 として全世界で知られるマザーテレサ。その死後10年たって出版された本『Come Be My Light』に書かれた衝撃の内容をご存じですか?その本によるとマザーはこう伝えていたそうです。

マザーテレサの告白

「私には神(光)が見えない
50年間、私は虚しい暗闇を生きてきた。虚しい。孤独だ」

「私は神の存在を確信できなかった。 私の信仰はどこへ消えたのか?
心の奥底には何もなく、虚しさと闇しか見えない
この得体の知れない痛みがどれだけ辛いか・・・・
神が存在しないのなら、魂の存在はありえない
魂が真実でないとすれば、イエス、あなたも真実ではない」

なんということでしょうか。実はマザーは内心、神の存在を死ぬまで確信出来なかったのです。そして「私の微笑みは仮面である」とまで伝えていたのです。

しかし、このような「神の存在への疑念」を感じながらも、ひたむきにマザーは活動しました。そして世界じゅうに影響を与えたのです。今でも、彼女を慕う多くの人々が彼女のつくった「マザーハウス」に訪れ、時に長期的なボランティアを行っています。
ceci n'est pas une photo

苦悩の中でつむぎだしたマザーの言葉

以下に、マザーが生前伝えた言葉の中から仕事に関わる言葉をお伝えします。神への確信が持てない中でつむぎだしていた言葉として見ると、また違った意味に見えないでしょうか。

成功をすると、
不実な友と、
本当の敵を得てしまうことでしょう。
それでも成功しなさい。

正直で誠実であれば、
人はあなたをだますかもしれません。
それでも正直に誠実でいなさい。

歳月を費やして作り上げたものが、
一晩で壊されてしまうことになるかもしれません。
それでも作り続けなさい。

神様は私たちに、
成功してほしいなんて思っていません。
ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。

私たちは、大きいことはできません。
小さなことを
大きな愛をもって行うだけです。

導いてくれる人を待っていてはいけません。
あなたが人々を導いていくのです。

あなたは、
あなたであればいい。

あなたに出会った人がみな、
最高の気分になれるように、
親切と慈しみを込めて人に接しなさい。

あなたの愛が
表情や眼差し、微笑み、言葉に
あらわれるようにするのです。

大切なのは、
どれだけ多くをほどこしたかではなく、
それをするのに、
どれだけ多くの愛をこめたかです。

今、この瞬間幸せでいましょう。
それで十分です。

その瞬間、瞬間が、
私たちの求めているものすべてであって、
他には何もいらないのです。

暗いと不平を言うよりも、
あなたが進んで
明かりをつけなさい。

昨日は去りました。
明日はまだ来ていません。
わたしたちにはただ、
今日があるのみ。
さあ、始めましょう。

ー マザー・テレサ ー

いかがでしたでしたか?独立して自分で事業を始めたときなど、私達が何かをなそうとする時、強い確信が持てなくても、やってみなければ、進めてみなければ始まらない場面があります。そんな時に、このマザーの苦悩のお話は参考になるのではないでしょうか。私達自身が強い確信を持てなくても、進めることで何かを成し遂げて、他者にプラスの影響を与えることも出来るのです。
Tom and Mother Teresa at Lime St. Station, Liverpool

pic from flickr

心のスイッチ、見つけよう -HAPPYW(ハッピーウー)-

Happyw編集部