HAPPY W

【注意!】高価すぎる結婚指輪は二人の関係を悪くする原因に!

[ Life ]2015/02/16 14:21

14836happy

バレンタインデーは終わりましたが、意中の方にチョコレートを届けることはできましたか?中には高価なプレゼントをされた方もいらっしゃるかもしれませんね。今回はそんなプレゼントの中でも高価なものになりやすい「結婚指輪」について興味深い研究結果をお届けします。

身の丈に合わない高価な結婚指輪を購入したカップルが不幸になる

経済学者のヒューゴ・マイロンさんの研究(1)で3,000組の夫婦(離婚経験者もふくむ)を対象に、結婚した年齢や婚約までの年数、子どもの有無など、さまざまな質問に答えてもらったあとで統計処理を行いました。その結果、高い結婚指輪を買った夫婦ほど離婚率が高かったという結果が得られました。

具体的には、結婚指輪に2,000〜4,000ドル(24万~48万円程度)を使ったカップルは離婚率が著しくアップし、1,000ドル(12万円程度)以下だった場合は結婚生活が長続きする傾向にありました。この原因は、高価な結婚指輪を買うことそのものではなく、見栄っ張りな人ほど結婚指輪にお金を使いがちだからとのこと。

流れをご説明すると

見栄を張る人が結婚する。
→高価な結婚指輪が欲しくなり、購入
→その後の生活でも見栄を張る。
→そうして、高価な買い物が続くと…?
→離婚

といった感じでしょうか。

特に、離婚した夫婦の中には、借金をして結婚指輪を買ったケースが多く、そのストレスが後の生活に悪影響をおよぼした模様。「せっかくの結婚指輪だから…」ということで高価なものをおねだりすると、まわりまわって不幸の要因となって戻ってくることがあるという恐ろしいお話でした。

まとめ

ジュエリー会社が「結婚指輪の価格が幸福な結婚の指標」とか「高い金額で無理することが愛を表す」かのように教育している部分もあるかもしれませんが、実際はそれは不幸を招くということがわかりました。

もし彼が、指輪の購入で無理をしているように感じたら要注意。そんな時は例えば、彼のプライドを傷つけないようにしながら、身の丈にあったものを買う方向に進めるほうがベターです。

この研究においては結婚指輪が対象でしたが、幸福学やポジティブ心理学では、そもそも「人と比較することが不幸の始まり」という研究結果があります。今回のヒューゴ・マイロンさんの研究結果と合わせると、プレゼントをするときは、他人と比較すること無く、金額は無理のない範囲で収めること、がポイントとなりますね。

併せて、相手の感謝の気持ちを感じ、それを相手に伝えると、相手はもちろんあなた自身の幸福感もさらに向上することがわかっています。ぜひお試しください。

The wedding ring / leehaywood

Licensed material used with permission by Paleolithic Man

心のスイッチ、見つけよう -HAPPYW(ハッピーウー)-

Happyw編集部